[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大と時期を同じくして、アフリカや中東、インド、欧州の一部などで数十年ぶりの規模でバッタが大量発生している。こうした国はコロナ対策に追われる一方、農作物が被害に遭うという泣きっ面にハチならぬ「バッタ」という状況だ。展開によっては、穀物価格の上昇など食料分野で影響が出てくる可能性もあり、国連食糧農業機関(FAO)も情報収集を進めている。

 バッタの大量発生で昨年から注目を集めるのはアフリカや中東、インドなどの一帯だ。FAOなどによると、エチオピアやケニアなど東アフリカの6カ国で2千万人超がバッタの被害により食料不足に陥っている。インドでは約30年ぶりの規模でバッタが大発生し、ラージャスターン州など少なくとも9州に大群が侵入した。欧州にもその範囲を広げ、イタリアのサルデーニャ島にも到達。島東部のヌオロ市だけでも約3万ヘクタールの作物に被害が出ている。

拡大する写真・図版東アフリカ諸国で2千万人超の食料不足を引き起こしているサバクトビバッタの大発生。写真はケニアのサンブルの様子=(C)FAO/Sven Torfinn

 歴史を振り返ると、疫病の世界的な流行と同時にバッタが大発生した事例があるという。欧州で黒死病(ペスト)が大流行した14世紀にバッタが大発生。東京都立大学人文社会学部の大貫俊夫准教授(西洋中世史)は「規模についての資料は少ないが、記録には少なくとも東欧から西欧に大発生したとある。当時は天候不順で、太陽の活動の停滞期。疫病と大発生の直接的な関連性は証明できないが、大きなバックグラウンドの中で動いていたといえるのでは」と話す。

 このバッタは何者なのか。

 FAOのバッタ関連の情報提供…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら