[PR]

 大阪府と大阪市、府立病院機構大阪はびきの医療センターが4日、新型コロナウイルスの感染者に殺ウイルス効果のあるうがい薬でうがいをしてもらったところ、唾液(だえき)の検査で陽性となる割合が減ったとの研究結果を発表。吉村洋文知事が「(殺ウイルス効果のある)『ポビドンヨード』を含むうがい薬は『イソジン』などとして市販されているので、うがいを励行してほしい」と呼びかけた。

 これに対し、公衆衛生などの専門家からは慎重な意見が聞かれる。

 関西大の高鳥毛敏雄教授(公衆衛生学)は「専門家ではない知事や市長が記者会見でこうした医薬品の使用について推奨することには違和感がある。副作用が生じて問題となった場合は責任問題にもなりかねない。政権が専門家の声を十分に聞かないまま、学校の一斉休校や布マスク配布を打ち出したのと共通する面があるのではないか」と話す。

 また、関西福祉大の勝田吉彰教授(渡航医学)は「感染のごく初期にのどにいるウイルスの量を減らせれば、肺炎に進むリスクを低くできる可能性がまったくないとはいえないが、効果についてはまだ何ともいえない。手洗いやせきエチケットなどの取り組みも忘れないでほしい」と語る。