[PR]

 飛行中の米軍F15戦闘機から4日午前10時半ごろ、部品が落下したと米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)から沖縄防衛局に同日夕に連絡があった。落下事故が起きた場所は、沖縄本島か周辺海上の上空で、部品は長さ約18センチ、重さ約3・6キロという。

 防衛局が5日明らかにした。防衛局によると、F15の所属は不明との一報だったが、5日に嘉手納所属と判明。部品の落下場所は「海上の場合、嘉手納基地から約96キロ東南東。陸上の場合、国道58号沿い」。防衛局は米側の報告を受け、県や嘉手納基地の地元自治体に連絡した。

 沖縄県では飛行中の米軍機からの部品落下が頻繁に起きている。今年2月には米軍岩国基地(山口県岩国市)のFA18戦闘攻撃機が、嘉手納基地の周辺海域を飛行中に給油カバーを失った。