拡大する写真・図版「刑務所はいいなぁ刑期があって」。50年前、精神病棟で出会った患者さんの声、表情がふっとよみがえるという田中さん。笑顔の奥に、過酷な記憶が生きている=いずれも中井征勝撮影

[PR]

 人を縛る。自由を奪う。

 ふつうなら許されない異常なことが、認知症のお年寄りに対しては「安全のため」などの理由で、医療や介護の現場では長く、あたりまえのように続けられてきた。

 看護師の田中とも江さん(71)は日本でいち早く、「縛らない看護」の旗を掲げた人だ。1986年から現場で工夫を重ね、改革の先頭に立ってきた。私が初めて会ったのは26年前。「縛ったら病院は牢獄になります!」と訴え、「できっこない」と医療関係者に変人扱いされてもへこたれなかった。同世代が引退するなか、今も施設長を勤め、全国の現場や大学で講演を続ける。

 なぜ、今も? 力の源は何?

 「理不尽な有り様を見てしまったから。見て見ぬふりは、加害者と同罪です。今もひどい目にあっている人がいる。発信し続けないと許されない」。田中さんは若き日の「卑怯(ひきょう)な自分」を、忘れない。

拡大する写真・図版車いすのお年寄りに、「あなたを大切に思っている」と手に思いを込め全身で伝える田中とも江さん。「心底伝わればお年寄りは心が解放され自分らしく自由でいられる」という=東京・品川のケアホーム西大井こうほうえん

 戦後の看護を体現する人だ。福…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら