[PR]

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長(地域医療機能推進機構理事長)は5日夕、内閣府で記者会見を開き、今月のお盆の帰省について、高齢者らへの感染リスクがあるため感染対策の徹底など国民に注意を促すよう政府に提言すると発表した。

 提言では、お盆休みの帰省時には、マスク着用や手指消毒、3密の回避の徹底のほか、大人数の会食を控えることなどを通じて高齢者らへの感染につながらないよう注意を呼びかけるよう求める内容。こうした対応が難しい場合は、オンラインでの「帰省」や、帰省の延期などを検討してほしいと述べた。

 コロナ禍のお盆の過ごし方をめぐっては、対策を担う西村康稔経済再生相が高齢者への感染の懸念から、「帰省は慎重に」と呼びかける一方、菅義偉官房長官は「一律に控えてと言っているわけではない」と述べ、政府内での説明が揺れていた。地方の首長からは、帰省そのものの自粛を求める声もあがっていた。(中田絢子