[PR]

 自民党の岸田文雄政調会長は5日、テレビ朝日の番組に出演し、新型コロナウイルスのための特別措置法について、自粛要請に応じなかった店に罰則を科すなど、要請に強制力を持たせるための法改正を検討すべきだとの考えを示した。

 岸田氏は「自粛要請に応じた人と応じずに営業した人とで不公平ではないかという議論がある」と指摘。「公平性を担保するために(自粛要請に)強制力を考える議論をすべきではないか」とし、法改正の必要性を訴えた。罰則を設けた場合の補償をどうするかを含めて「政府として法案を用意しなければならない。国民生活に対して強制力を行使する法律になる。国会で議論することは大事だ」と話した。

 一方、休業を強制する権限を国…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら