[PR]

 新型コロナウイルスの世界の死者数が5日、70万人を超えた。米ジョンズ・ホプキンス大が集計した。5日午後5時時点で前日から死者は6773人増え、13秒に1人が亡くなっていることになる。1日あたりの新規感染者数も、7月下旬から20万人を超える日が続いており、依然として感染の勢いが衰えていない。

 国別の死者数では、米国が15万6830人で最多で、ブラジル、メキシコが続く。米国では4月中旬に1日あたりの死者数が2千人を超えたが、7月上旬には300人を下回った。しかし、7月中旬から再び増加しており、5日午後5時までの24時間の死者数は、1359人だった。(坂本進)