[PR]

 大阪府の吉村洋文知事が4日、新型コロナウイルス対策として、うがい薬を薦めたことから、商品を買い求める動きが広がった。店頭では品切れが続出したが、専門家からは科学的な根拠が不十分だと疑問の声が上がる。

 「イソジンある?」。4日午後4時ごろ、東京都中央区のドラッグストアで近くに住む男性(57)がうがい薬を探していた。この日午後、吉村知事の会見をテレビで見て、慌てて買いに来たという。ところがこの店では午後3時ごろには品切れになっていた。男性は「春はマスクも消毒液も買えなかった。またか」。

 吉村知事は会見で、新型コロナウイルスの感染者が殺ウイルス効果があるポビドンヨードを含むうがい薬を使ったところ、唾液(だえき)検査で陽性となる割合が減ったという府立病院機構大阪はびきの医療センター(羽曳野市)の研究結果を発表した。「薬事法(現・医薬品医療機器法)上、効果があるとはいえない」としたうえで、「うがいを励行して欲しい」と重症化の予防につながる可能性を示唆した。

 ポビドンヨードは、昆布やワカ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら