[PR]

 沖縄県浦添市で4日、発熱を訴える119番通報を受けた消防職員が、適切な聞き取りをしないまま新型コロナウイルスの感染を疑い、搬送が遅れて40代女性が死亡した。松本哲治市長が5日に記者会見を開いて明らかにし、不適切な対応だったと謝罪した。

 市消防本部によると、4日午後6時27分、女性の母親から「娘が倒れている。3、4日前から38度台の発熱がある」と通報があった。職員は発熱以外の状況を聞き取らず、保健所に相談した上で救急車が必要であれば再度連絡するように対応。20分後、職員から連絡を入れると、女性の意識がないことが判明し、救急隊員が駆けつけたときには心肺停止状態だった。通報から約1時間後に病院で死亡が確認された。

 女性は搬送後の抗原検査で陰性だったという。市消防本部は取材に対し、本来なら女性の意識があるかなど、緊急性も判断するべきだったと説明。職員は「発熱が続いていたことでコロナの疑いが強いと思い込んでしまった」と話しているという。

 松本市長は会見で「適切な対応ができず救急車の出動が遅れるという事態を招いた。再発防止に努め、消防行政に対する信頼回復に努めます」と謝罪した。(国吉美香)