[PR]

 島根・山口両県知事会議が5日、島根県津和野町後田の太皷谷稲成神社で開かれた。島根県の丸山達也知事と山口県の村岡嗣政知事は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、PCR検査や重症患者の受け入れなど県境を越えた連携などを確認した。

 両県の知事会議が開かれたのは11年ぶり。会議後の会見で丸山知事は新型コロナウイルスへの対応について「島根県西部は医療態勢も弱い地域なので、重症患者の発生やPCR検査などで山口県にお願いしないといけないケースも想定される」と述べた。

 これに対し村岡知事は「感染の第一波を経験し検査も受け入れも対応できる状況にある。地方でも感染が急激に増えることがあれば、近いところでお互いに協力していくこともある」と答えた。

 また、コロナ対応以外にも、広域観光の推進に向けて萩・石見空港(島根県益田市)の利用促進や、新山口(山口市)―津和野駅間を走るSLやまぐち号など地域の歴史や文化をいかした観光振興、九州へのアクセスにつながる山陰道の早期整備を国に働きかけることでも一致した。(水田道雄)