[PR]

 蝶(ちょう)ネクタイがトレードマークで、「東MAX」「下町のプリンス」などの愛称でも親しまれるタレントの東貴博さん。5歳になる娘と過ごしたコロナ禍の自粛生活は、家事と育児で毎日があっという間だったそう。亡くなった父親で昭和の名コメディアン、八郎さんが作ってくれた「朝ご飯」の思い出についても語ってくれました。

拡大する写真・図版浅草花やしきのメリーゴーラウンドで=東さん提供

パパの頑張り、褒めてくれる娘

 娘の詩歌(うた)(5)は、かなり活発な子ですね。小さい頃から「よく笑う子だな」と思っていましたが、最近は言葉を覚えるスピードが速くて、本当によくしゃべる。どこで覚えてくるのか、「パパは頑張ってるよね」とか「パパの作ったご飯おいしいね」って、褒めてくれるんです(笑)。

 うちは共働きで、家事や育児の分担ははっきりとは決めていなくて、家にいてできる方がやってきました。僕が家にいるときは、洗濯も料理も洗い物もします。

拡大する写真・図版東貴博さん=鬼室黎撮影

 緊急事態宣言が出ている間は、テレビの収録がリモートになったり、ロケもできなかったりで、今までにないぐらい家で過ごす時間が長かったんですが、家族がいてよかったと思いました。朝起きて、子どもにご飯を食べさせて、ちょっと遊んで、お昼を作って、一緒に勉強とかしている間に夕飯を準備する時間になる。やることがたくさんあって、退屈しなかった。「こんなに子どもと過ごせる時間は一生ないだろうな」というぐらい、ずっと一緒にいられたのが、すごくよかったです。

 娘も、僕がずっと家にいるのが珍しいから、最初は喜んでいっぱい遊んでたけど、だんだん飽きてきちゃって。最近は「パパ、仕事行きなさい」って言われてます。

「のり弁」に手紙を添えて…

 自分が親にしてもらったことは、最低限してあげたいと思っています。

拡大する写真・図版ディズニーリゾート内のホテルで、おめかししてミッキーに会いに行く娘の詩歌さんと東貴博さん=東さん提供

 うちの親父(おやじ)は、忙し…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら