[PR]

 トヨタ自動車が6日発表した2020年4~6月期決算(国際会計基準)は、本業のもうけを示す営業損益と最終的なもうけを示す純損益がともに黒字を確保した。新型コロナウイルスの影響による世界的な需要急減で前年同期より大幅な減益だが、販売は予想を上回るペースで回復。今年度1年間(21年3月期)の世界販売台数の見通しを当初より20万台増やした。

 4~6月期の売上高は前年同期比40・4%減の4兆6007億円、営業利益は同98・1%減の139億円、純利益は同74・3%減の1588億円。コロナ禍で自動車大手が軒並み巨額の赤字をだすなか、収益力の底堅さを示した。

 21年3月期の業績予想は、売上高24兆円(前年比19・6%減)、営業利益5千億円(同79・2%減)を据え置き、これまで未定だった純利益を7300億円(同64・1%減)とした。グループの世界販売の見通しは、890万台から910万台に増やした。

 トヨタは当初、4~6月の世界販売が前年同期比で約4割減ると予想。需要の「底」とみていた3カ月間で黒字を確保したことで、通期業績は予想より上ぶれする可能性がでてきた。

 欧米を中心に外出規制を強化した4月の世界販売は前年同月からほぼ半減したが、その後、中国では2割以上上回り、欧米も想定より速いペースで持ち直した。SUV(スポーツ用多目的車)などが好調で、4~6月の販売は31・0%減にとどまった。1~6月のグループの世界販売台数は、独フォルクスワーゲンを抜き首位だった。

 08年のリーマン・ショック後に過去最大の純損失(4369億円)となったトヨタは、お家芸である生産現場での原価を抑える取り組みなどを続けた。トヨタ広報は「新型コロナの影響で経営環境は大きく変動する可能性があり、先を見通せない状況は変わっていない」と説明している。(千葉卓朗、三浦惇平)