[PR]

 「核戦争に勝者はなく、決してその戦いはしてはならない」(A nuclear war cannot be won and must never be fought)

 このフレーズはさまざまな場で繰り返され、核抑止の危うさ、核軍縮、そして核廃絶の大切さを訴える多くの人たちを支えてきた。8月1日に長崎で開かれた国際平和シンポジウム「核兵器廃絶への道」(長崎市、長崎平和推進協会、朝日新聞社主催)でも、キーワードとなった。

 シンポジウム冒頭のメッセージを寄せたミハイル・ゴルバチョフ元ソ連大統領は、こう強調した。現在の核危機から抜け出すには、「新たな軍拡競争の防止や今後の核兵器削減」などを「重要な優先課題として位置づけること」が必要であり、「1985年に私とロナルド・レーガン米大統領が出した『核戦争に勝者はなく、決してその戦いはしてはならない』との声明を再確認」することが大事だ、と。

 基調講演の中でウィリアム・ペ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら