[PR]

 豊島将之名人(30)=竜王とあわせ二冠=に渡辺明二冠(36)が挑戦する第78期将棋名人戦七番勝負(朝日新聞社、毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第5局は7日午前9時、東京都渋谷区の将棋会館で始まった。第4局で勝って2勝2敗に追いついた渡辺二冠が逆転するか、豊島名人が再び突き放すか、いずれが勝ってもタイトル獲得にあと1勝と迫る重要な一局だ。

 第5局は豊島名人の先手番。立会人は屋敷伸之九段(48)が務める。(村上耕司、佐藤圭司)

飯島七段の解説

見たことない手が何度も

 挑戦者が「異形の振り飛車」に構え、玄妙な玉将の動きを見せれば、名人も異筋の桂跳ねや、一見初心者が指すような意表の王手で応じる。

 2勝2敗で迎えた名人戦第5局…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら