[PR]

 東京都は6日、新型コロナウイルスの感染者が新たに360人確認されたと発表した。1日に200人を超えるのは10日連続となる。

 都によると、1日あたりの新規感染者数(1週間平均)は5日時点で346・3人にのぼり、3日間で1千人を超えるペースになっている。今夏の感染拡大の中心は若い世代だが、6日に開かれた都の会議で専門家は「40歳以上の陽性者が増加しており、今後注意する必要がある」と指摘した。

 6日の360人を年代別でみると、最多は20代の134人で、30代が95人。この世代で全体の63・6%を占めた。40代が43人、50代が29人、60代が23人と続く。

 都によると、入院患者も5日時点で1475人まで増え、都に比較可能な記録が残る5月中旬以降で最多だった1413人(5月12日)を更新していた。