拡大する写真・図版兵庫県立芸術文化センターの自主公演。合唱団が2メートルの社会的距離をとって舞台に上がった=飯島隆氏撮影、同センター提供

[PR]

 関西の音楽ホールに歌声が戻った。飛沫(ひまつ)の発生しやすい歌の公演は、オーケストラよりも長く自粛を余儀なくされていた。様々な感染防止策をとった上での再開。その取り組みとは。

拡大する写真・図版兵庫県立芸術文化センターであった自主公演。並河寿美らソリストとオーケストラ、合唱団が舞台に上がった=飯島隆氏撮影、同センター提供

 「マスク頼む」「1人ずつ距離を開けて願います」――。7月23日、兵庫県立芸術文化センター(西宮市)で久しぶりにオペラアリアなどの自主公演「どんな時も歌、歌、歌! 佐渡裕のオペラで会いましょう」が開かれた。

 バリトンの大山大輔は、透明のマウスシールド姿で登場。ロッシーニの『セビリアの理髪師』から「私は町の何でも屋」を、コロナにもじった歌詞で披露して客席の笑いを誘った。

■「歌が戻ることが本当の…

この記事は有料会員記事です。残り1196文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1196文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1196文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!