[PR]

 停滞を続ける合流協議。国民民主党の玉木雄一郎代表は直談判に打って出た。

 6日の広島市原爆死没者慰霊式・平和祈念式の会場で、居合わせた立憲民主党の枝野幸男代表に「近いうちに会合を持っていただけないか」と持ちかけた。しかし枝野氏は「幹事長に任せている」と拒否した。

拡大する写真・図版合流協議は1月に破談になっていた=2020年1月10日、国会内、岩下毅撮影

 7月に再スタートした立憲・国民両党の合流協議は、新党名の扱いを巡り難航している。立憲が「立憲民主党」の党名を引き継ぐことを提案したのに対し、国民は投票を念頭に「民主的な手続き」で決めることを逆提案。両党の幹事長間で話し合いを続けたものの、「いい知恵」が出ず折り合いがつかない。

 業を煮やした玉木氏は8月4日の記者会見で、打開策としてトップ会談を呼びかけた。翌日、国民の平野博文幹事長が玉木氏の意向を立憲側に伝えた。しかし立憲の福山哲郎幹事長は「幹事長間で協議しており判断のしようがない」と党首会談を拒否。6日午前も両幹事長は会談したが、進展していない。

 なぜ枝野氏は党首会談に後ろ向きなのか。党首会談までしたのに合流協議が破談した、1月の苦い記憶がある。そのときは衆院の赤坂議員宿舎で缶チューハイを手に、2人は事前に秘密裏に話し合っていた。それでも玉木氏は首を縦に振らず、協議は打ち切りになった。

 それから半年。冗舌な玉木氏に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら