[PR]

 気象庁と環境省は6日、熱中症の危険性が極めて高い天候が7日に予想されるとして、東京都と千葉県、茨城県を対象に「熱中症警戒アラート」を初めて出した。対象地域では、外出はなるべく控え、屋外での運動を原則控えるよう求めている。

 アラートは今月から関東甲信の9都県で導入された新しい警報。熱中症との関連性が高い「暑さ指数」を基準にしている。指数は気温や湿度、日射量などから算出され、31度以上が危険度が最も高い「非常に危険」とされる。それを上回る33度以上が予想された場合にアラートが出される。

 7日に予想される最高の暑さ指数は、千葉県鴨川市で34度、東京都練馬区と茨城県土浦市、鹿嶋市で33度。他にも32度が予想される地域も多い。気象庁などは、高齢者は室内や夜間でも熱中症になる恐れがあるほか、小さな子どもは体温調節がうまくできないため特に注意が必要だとしている。

 全国各地の暑さ指数は、環境省のホームページ(https://www.wbgt.env.go.jp/wbgt_data.php別ウインドウで開きます)で確認できる。(山岸玲)