[PR]

 SNSで知りあった埼玉県内の高校に通う女子生徒を自宅に監禁したとして、県警吉川署は5日、横浜市鶴見区生麦4丁目の会社経営、後藤弘泰容疑者(44)を逮捕監禁容疑で現行犯逮捕し、発表した。生徒が県警ホームページから接続できる通報システムを使い、発覚した。生徒にけがはないという。

 署によると、後藤容疑者は5日午後7時35分ごろ、横浜市の自宅マンション内の一角にワイヤロープで生徒を縛り付けて拘束し、監禁した疑いがある。生徒は携帯電話を取り上げられていたが、同日午後4時55分ごろ、ゲーム機を使ってシステムに接続し、「拘束されて逃げられない」と通報。同署員らが容疑者宅に踏み込んだという。

 生徒については約1カ月前に家族が行方不明届を出していた。署は2人が出会った経緯などを調べている。