[PR]

 徳島県は6日、徳島海上保安部(同県小松島市)の20~50代の男性職員7人について、新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。5日に発表した50代の男性職員2人を含め、感染した9人はいずれも同じ巡視船の乗組員。県はクラスター(感染者集団)が発生したとして、感染経路などを調べる。

 県によると、巡視船には計16人が乗船。残り7人は陰性だったという。感染が判明した職員9人は徳島市や小松島市の在住で、いずれも軽症。県は濃厚接触者にあたる同僚や家族らのPCR検査も実施する方針。