[PR]

 任天堂が6日発表した2020年4~6月期決算は、純利益が前年同期比6・4倍の1064億円だった。コロナ禍での「巣ごもり需要」の恩恵で主力ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の販売が前年比2・7倍の568万台に急増したほか、「あつまれ どうぶつの森」(あつ森)の大ヒットも貢献した。

 売上高は2・1倍の3581億円。営業利益は5・3倍の1447億円で、4~6月期としては過去最高だった。スイッチ向けソフトの販売は2・2倍の5043万本。特に「あつ森」は日本だけでなく欧米などでもヒットし、4~6月に1063万本を販売。3月の発売以降、累計で2千万本以上が売れ、シリーズ最多の売れ行きという。

 コロナ禍で人々が不自由な生活を強いられるなか、ほのぼのとした世界で他のプレーヤーと交流できる点が「あつ森」のヒットの要因とされる。国内、海外をあわせて4~6月にスイッチを使い始めた人の5割が最初に「あつ森」で遊んでいたという。

 一方、21年3月期の業績につ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら