[PR]

 インターネットでの中傷や権利侵害の対策を考える自民党のプロジェクトチーム(PT)の会合が6日に党本部であり、フジテレビ「テラスハウス」に出演し、5月に死去した木村花さんの母響子さんが講師として招かれた。会合後の取材では、花さんを中傷した加害者を特定し、告訴する方針を明らかにした。

 花さんは生前、番組内での言動に対するSNS上での誹謗(ひぼう)中傷に悩んでいたとされる。会合で響子さんは、中傷の加害者情報を開示するには様々なハードルがあることや、SNSの利用におけるモラルの教育の重要性を訴えたといい、出席後に報道陣の取材に「(出席した議員たちは)私の気持ちに寄り添っていただいて、一緒に怒ってくださった」と語った。

 一方、7月末にフジテレビが公表した、番組制作関係者への聞き取りをもとにした検証結果については「制作サイドの言い訳が並べられたような、本当に目を疑うような内容でした。不満しかありません」と批判した。(大野択生)