[PR]

 黒く汚れた紙幣がきれいになる――。そんなうそを言って、紙幣に見せかけた黒色の紙を示しながら不動産の代金を支払うように装い、その作業のために用意させた現金2500万円を盗んだとして、警視庁は、リベリア国籍で広島市安佐北区落合4丁目の職業不詳ジェームス・リー・エフ容疑者(42)を窃盗容疑で逮捕し、6日発表した。容疑を否認しているという。

 「ブラックマネー」と呼ばれる手口で、以前に各地で被害が確認されていた。同庁は警戒を強めている。

 捜査3課によると、ジェームス容疑者は6月6日午後、外国人風の男と共謀し、ともに訪れた東京都中央区の会社事務所で、社長の40代男性から2500万円を盗んだ疑いがある。

 ジェームス容疑者らは、不動産の商談のふりをして男性側に近づいたうえで、「現金はあるが、中国人とトラブルになって黒く汚れてしまった」と言い、「黒色の紙の間に1万円札を挟み、薬品をかけてアルミホイルで包めば、数十分後に汚れが落ちる」と説明。事前に何らかの細工をしたものを使い、手順どおり「実演」して見せて信じ込ませた後、包む作業を繰り返し進めるなかで隙を見て別のアルミホイルの包みとすり替え、2500万円を持ち去ったという。

 もう1人の男は逃走しており、警視庁が行方を追っている。