[PR]

 3年半前にインタビューしたことがある。彼女は高校1年生だった。礼儀正しいところにとても好感を持った。一方で受け答えが少し生硬だなとも感じた。記事には「優等生すぎる物足りなさも」と書いた記憶がある。

 しかし、昨年高校を卒業した彼女は見違えるようだった。どんな質問にも、当意即妙の答えがごく自然に返ってくる。「以前は『自分でやらなきゃ』と自分を追い詰めていました。今は、いい意味で少し緩くなれた気がしています」

拡大する写真・図版浜辺美波さん=東京都渋谷区、村上健撮影

 演技面の成長もまた著しい。今回主演した咲坂伊緒原作の「思い、思われ、ふり、ふられ」は、派手な展開がない分、極めて抑制的で繊細な演技を要求される難しい映画だ。

 誰も傷つけたくない。しかし自…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら