【動画】爆発事故から1週間の郡山市の現場周辺=力丸祥子撮影
[PR]

 福島県郡山市で7月30日に飲食店「しゃぶしゃぶ温野菜郡山新さくら通り店」が爆発し、1人が死亡、19人が重軽傷を負った事故で、被害を受けた住民や企業は不満や不安を募らせている。爆発から8月6日で1週間となったが、店側は「原因究明中」としており、具体的な補償の道筋などは明らかになっていない。

 「1週間、あっという間だったが、くたびれた」

 6日、現場から約70メートルの平屋に妻と住む安田敬さん(70)の表情には疲労の色がにじんだ。

 寝室や台所、風呂場などの窓ガラスが爆発の衝撃で割れ、細かく散らばった破片の片付けがまだ終わらない。「事故対応の時にこそ、企業の真価が問われる。一日も早く普通の暮らしに戻してほしい」と話した。

 子会社が「しゃぶしゃぶ温野菜」を運営する外食大手コロワイド(横浜市)の野尻公平社長は7月30日の記者会見で、「亡くなった方、被害に遭った方に心からおわびし、全力で対応します」と陳謝。子会社のレインズインターナショナル(横浜市)が翌日から被害を受け付ける電話やホームページを開設したが、住民によると、具体的な補償や時期の説明はないという。

 被害は現場から約500メート…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら