[PR]

 文部科学省は6日、全国の小中高校、特別支援学校で6~7月、新型コロナウイルスに感染した児童生徒が242人確認され、半数以上が家庭内感染だったと発表した。また、「学校の新しい生活様式」と題した衛生管理マニュアルを改訂し、教員の負担を軽減するため過度な消毒を避けることや、気温が高い日はマスクを外すよう呼びかけた。

 学校が再開した6月1日から7月31日までの自治体などからの報告をまとめ、全国に通知した。文科省によると、242人に重症者はいない。そのうち家庭内感染が137人(57%)で、感染経路不明は57人(24%)。学校内感染は11人(5%)で事例数では4件だったが、保健所が学校内感染と断定していなくても、同じクラスや部活動で複数の生徒や教員が感染した例は、ほかにも多くあるという。

 小中高校などの教職員の感染者は51人で、感染経路不明が35人(69%)。幼稚園での感染は幼児16人、教職員13人で、いずれも重症者はいなかった。

 衛生管理マニュアルでは「過度…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら