[PR]

大江千里さんコラム「NY 今を生きる」

拡大する写真・図版パパのTシャツにくるまってひたすら眠る「ぴ」=本人提供

NY在住のジャズピアニスト大江千里さんが、相棒との一騒動をつづります。

 相棒ぴーす(以下ぴ)と渡米したのは2008年。ぴが1歳半の時だった。音大時代のパパの苦悶(くもん)をそばでずっと見て知っている唯一の存在だ。

 そんなぴの後ろ脚にコブが出来た。紫色が引かない。すぐさま担当医リーに連絡し、手術をさせることに。いずれ厄介な病気を引き起こす遠因になるかもしれないからだ。アメリカじゃ全身麻酔が多い。僕が去年盲腸をとった手術もそうだった。

拡大する写真・図版NYの駅のホームにはソーシャルディスタンシングを知らせるマーク=本人提供

 そりゃ負担はかかるがまだ彼女の年齢ならギリギリ出来る。やってやろう。パパの気持ちが固まったのはいいが、ぴが食欲旺盛だとホロリ、いたずらするとホロリ。やたら涙もろくなった。全身全霊で守ってやるからな!

■手術当日、コロナ禍の影…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら