[PR]

 中東レバノンの首都ベイルートで起きた爆発によるすさまじい爪痕が明らかになってきた。被害は人口240万の大都市の半分に及び、港は壊滅。6日時点で死者は137人、負傷者は5千人を超えた。

 爆発が起きたベイルート港。発生から3日目の6日になっても救助隊員による生存者の捜索活動が続く。

 隊員の一人は朝日新聞助手に「現場は地面をひっくり返したような状態で、倉庫のあった場所は海になった。土砂に埋まった人や、海に流された人もいるようだ」と話した。捜索チームは18時間交代で現場に入り、疲労した表情は隠せない。それでも「まだ捜し切れていない場所が残っている。早く助け出したい」と意気込んだ。

 市内では、数キロ先の建物でも窓が割れ、いたる所で市民ががれきの片付けに追われている。住めなくなった住宅もあちこちにある。ベイルート当局は「被害は首都の半分以上に及ぶ。30万人が家を失った」と発表した。

 街の中心部にある複数の医療機…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら