[PR]

 東京都の小池百合子知事がお盆休み期間中の旅行や帰省の自粛を呼びかけたことについて、新型コロナウイルス対策を担当する西村康稔経済再生相は6日の記者会見で「繰り返しになるが、一律に(国として自粛を)求めるものではない」と述べた。一方で、重症化しやすい高齢者への感染リスクを避けることが大事だとし、感染防止に「最大限の注意をしてほしい」と呼びかけた。

 西村氏は会見で、コロナ対応の特別措置法では「国が大きな方針を示しつつ、それぞれの知事の判断で、要請ができる枠組みになっている」と説明。「それぞれの都道府県知事の判断を尊重したい」と述べた。そのうえで、高齢者らへの感染の懸念がある場合や、体調不良の時などは「『オンライン帰省』など含めて慎重に考慮していただきたい」とし、「それぞれの都道府県知事が発信している言葉も踏まえ、判断いただければ」と語った。