[PR]

 第45期囲碁名人戦挑戦者決定リーグ戦(朝日新聞社主催)の最終ラウンド4局が6日、一斉に打たれ、井山裕太棋聖(31)が8戦全勝で芝野虎丸名人(20)への挑戦権を獲得した。25日に東京で開幕する七番勝負は、囲碁七大タイトルのうち合わせて六つを占める2人の頂上決戦となる。

 井山は2度にわたり七冠独占を達成した日本囲碁界の第一人者。2度目の七冠独占が崩れた一昨年から三冠(棋聖、本因坊、天元)まで後退したが、今年は復調著しく、挑戦者としては3年ぶりの七大タイトル戦登場となる。

 リーグ全勝は、現行の名人戦史上7回目。うち3回を井山が占め、通算7期目の名人獲得をめざす。「全勝は出来すぎだが、現状、少しずついい方向に向かっている。名人戦という思い出ある舞台で、思い切りぶつかっていきたい」と話した。

 迎え撃つ芝野は、昨年19歳で史上最年少名人になってから、立て続けにタイトルを奪取して三冠(名人、王座、十段)に。四冠目をうかがった今夏の本因坊戦で井山に敗れ、秋の名人戦は攻守所を変えて井山の挑戦を受ける。

 両者の七大タイトル戦は3回目…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら