[PR]

 立憲民主党と国民民主党の合流協議をめぐり、立憲の枝野幸男代表と国民の小沢一郎衆院議員が6日、国会内で会談した。懸案となっている新党名の決め方について、小沢氏は枝野氏に対し、「党名を投票で決めると決断してほしい」と要請。枝野氏は「もうしばらく考えさせてもらいたい」と応じたという。

 新党名をめぐっては、立憲が「立憲民主党」の党名を引き継ぐことを提案したのに対し、国民は投票を念頭に「民主的な手続き」で決めることを逆提案。幹事長レベルでの協議で折り合いがついていない。

 一方、国民の玉木雄一郎代表は6日、広島市原爆死没者慰霊式・平和祈念式の会場で枝野氏に「近いうちに会合を持ってもらえないか」と声をかけ、党首会談の開催を持ちかけた。玉木氏によると、枝野氏は「幹事長に任せている」と拒否したという。

こんなニュースも