[PR]

【朝日新聞ポッドキャスト】音でよみがえる甲子園④ 花巻東×明豊

 2009年夏、第91回全国高校野球選手権大会の準々決勝、花巻東(岩手)―明豊(大分)。マウンドには世代ナンバーワン投手、菊池雄星がいた。150キロを超える剛球が持ち味で、後に米大リーグへ渡ることになる左腕は、その人柄も愛された。ある球団のスカウトが取った行動を見て、雄星が「あそこには絶対に行かない」と言い切った理由とは。

 雄星や花巻東の取材歴が長い山下弘展記者が語ります。白熱の実況音声とともに、朝日新聞ポッドキャストでお楽しみください。主な内容は以下の通りです。(文中敬称略)

・花巻東の関係者にとって、この試合が思い出深いのは

・グラウンドのトイレはいつもピカピカ

・伝令役を務めた雄星に、チームメートが予想外の一言

会員の方は
収録に当たって記者がまとめた取材メモを、記事の形で読んでいただけます。(音声をそのまま書き起こしたものではありません)
ポッドキャストでは
「ゲーム途中で退いた菊池も、気持ちは退いていません。大きな声を出します!」朝日放送テレビのあの名実況をお聞きいただけます。

    ◇

 私が母校の次に行った回数が多い学校、それが花巻東です。

 高校野球担当のときはもちろん、日本ハム担当時代も大谷翔平取材で通いました。今も年に3、4回は行っています。

 最初に行ったのが08年なので、もう12年……。特に08年秋から09年夏にかけては、東北初の全国制覇なるか、ということで毎月のように通っていました。

 09年の選抜後、春季県大会で花巻東の初戦会場は宮古でした。球場は海沿いで、すぐそばに高さ7、8メートルの防潮堤がそびえていました。盛岡の「福田パン」で買ったパンを、その上によじ登って食べたのです。

 たしか、「カツ+ナポリタン」…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら