[PR]

 お盆の帰省シーズンが始まった。例年なら旅行者やふるさとへ向かう人で混雑する東京駅は7日朝、新型コロナウイルスの影響で人はまばらだった。

 東海道新幹線のホーム。列車に乗り込む人は少なく、車内は空席が目立つ。

 「本当はこういう時期には行きたくなかった。(ウイルスは)見えないから怖い」。福岡県に帰省する埼玉県和光市の女性(60)は顔をしかめた。感染拡大は気になったが、「昨年父が亡くなり、新盆はちゃんとしてあげたい」。帰省先では「3密」に気をつけたいという。

 数は少ないながらも、旅行に出る人もいた。

 東京都武蔵野市の会社員女性(24)は7日から夏休みで、交際相手の男性(26)と大阪へ。「予約した6月ごろは感染者数は落ち着いていて、これなら行けると思った。だんだん増えてきたけど、キャンセル料がかかるので」。消毒用アルコールを携帯し、「感染リスクは心配」と語った。

 さいたま市南区の女性(68)…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら