[PR]

 ここ数年高騰が続いてきた都心の新築分譲マンションについて、コロナ禍の消費不振で価格が下がるのを期待する人も多いのでは。しかし実際には、購入検討者が望むような値崩れは起きていません。価格の動向や購入に向けたアドバイスを専門家に聞きました。

拡大する写真・図版タワーマンションが林立する神奈川県川崎市=2018年撮影、朝日新聞社ヘリから

淡い期待も価格変動なし

 「コロナによる不況で、マンションの価格も少しは下がるのでは、という淡い期待はあったんですが……」

 そう話してため息をつくのは東京都内の情報関連企業に勤める男性(36)。共働きの妻と3人の子どもと暮らす2LDKのマンションが、70平方メートルに満たず手狭なため、数年前から住み替えを検討している。

 昨年末にはいったん、東京・日…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら