拡大する写真・図版最近4年間は欧州チャンピオンズリーグ(CL)への切符を逃している強豪アーセナルの本拠、エミレーツ・スタジアム=6月、遠田寛生撮影

[PR]

 サッカーのイングランド・プレミアリーグの強豪アーセナルは5日、スタッフ55人へ解雇を提案したことを公表した。新型コロナウイルスの影響による減収が理由で、20年以上在籍して原石を発掘してきた名スカウトも入った模様。チームやサポーター内で動揺が広がっている。

 同じロンドンに拠点を構える宿敵チェルシーを倒し、イングランド協会(FA)カップで14度目の優勝を果たした歓喜から4日後、チームは大きな決断を下した。統括のラウル・サンレヒ氏、編成部長のビナイ・ベンカテシャム氏連名で出した声明で、大量解雇を検討していることが明らかになった。

 「不幸にも55人に解雇を提案するところに来てしまった。決して簡単な判断ではない。全ての出費を見直した上での結果だ」。スタッフらと30日間の交渉期間に入ったという。

拡大する写真・図版アーセナルの大黒柱で今季リーグ戦で22ゴールを挙げたFWオーバメヤン(中央)=ロイター

 アーセナルは13度のリーグ優勝を誇る強豪だ。かつてJリーグの名古屋を率いたベンゲル監督が1996年から指揮を執ってチームを改革し、2003~04年シーズンにはリーグ115年ぶりとなるシーズン無敗を達成した。ただ同シーズン以来リーグ優勝はなく、18年にベンゲル監督も退任。最近は上位に食い込めておらず、シーズン途中に監督を交代した今季は8位で、4年連続で欧州チャンピオンズリーグ(CL)への切符を逃した。

 監査法人デロイトによれば、1…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら