[PR]

(7日、兵庫独自大会)

 明石商はエース中森が救援したが、延長タイブレークの末に4―5で神戸第一に敗れた。十回からマウンドに上がったが、1点リードの十一回1死満塁で押し出し四球を与えて同点に。続く打者の打球が二塁への適時内野安打となりサヨナラ負けした。8強で打ち切りのため、勝っても負けてもこの試合で終わりだったが、「負けたのは悔しい」。「投げるイニングは絶対に点を取られたくない」と甲子園交流試合での力投を誓った。=明石トーカロ