[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、全国知事会が帰省について慎重な呼びかけをした今年のお盆。名古屋市では「リモート墓参り」の依頼が業者に相次いでいる。

 「今、お墓に着きました。これから作業します」

 「ずいぶん草も生えて、汚れていますね。よろしくお願いします」

 名古屋市内の墓地に、ビデオ通話のやりとりが響いた。スマートフォンを操作するのは、墓参り代行業者「ご縁道(えんどう)」(名古屋市名東区)の浅野貴大代表だ。

 依頼主は東京在住で名古屋出身の女性(59)。毎年お盆には必ず墓参りをしてきたが、コロナ禍の今夏は断念した。「お墓が汚れたままでお盆を迎えるのは申し訳ない」と悩んでいた矢先、代行サービスを知ったという。

 浅野代表は約1時間かけて、草…

この記事は有料会員記事です。残り695文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り695文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り695文字有料会員になると続きをお読みいただけます。