[PR]

 交通上のトラブルから相手の車に乗り込み、暴行してドライブレコーダーを持ち去ったとして、警視庁は7日、埼玉県所沢市荒幡の職業不詳、田島成人容疑者(53)を強盗致傷の疑いで逮捕し、発表した。容疑を一部否認しているという。

 北沢署によると、田島容疑者は7月30日午前5時45分ごろ、東京都世田谷区大原2丁目の路上で、赤信号で止まっていた会社員男性(35)の乗用車の助手席に乗り込み、男性に暴行を加え、ドラレコ1個(3万円相当)を配線ごと取り外して奪った疑いがある。

 田島容疑者がバイクを運転中、車線の減少で後方に合流してきた男性の車からクラクションを鳴らされたといい、約1・5キロの間、走行しながらトラブルになっていた。信号で車に横付けして怒鳴ったところ、「ドラレコで録画している」と言われたという。

 調べに対し、田島容疑者は「暴行はしていない」と供述。ドラレコは「捨てた」と話しており、見つかっていないという。警視庁は証拠隠滅を図ったとみてトラブルの経緯を詳しく調べている。