[PR]

 大阪府は8日、新型コロナウイルスに感染した府内の30代男性が、大阪市住之江区にある軽症者・無症状者用の宿泊施設から無断で抜け出して帰宅したと発表した。男性は「部屋がほこりっぽかったので帰宅した」と話しているという。

 府によると、男性は6日午後4時ごろに施設に入ったが、部屋のほこりなどを理由に「部屋を変えてほしい」と要望。別の部屋も見たうえで変更はしなかったが、7日午前3時ごろ非常階段から抜け出し、タクシーで自宅に戻った。男性は「自宅で寝ていた」と話しているという。男性はマスクを着用し、乗車したタクシーは窓が開いていたため、保健所は濃厚接触者はいないと判断している。

 府は3日に無断外出者がいたことを受け、7日夜から警備員を2人体制にする予定だったが、男性はその前に施設を出ていた。男性は保健所の判断で自宅療養に切り替えたという。(寺尾佳恵)