[PR]

 岩手県は7日夜、久慈市の10歳未満の女児が新型コロナウイルスに感染したと発表した。6日に感染が確認された同市の20代女性の娘で、県内の感染者は7人となった。

 医療政策室によると、女児はせきの症状があるが、重症ではないという。女児は7月28日~31日、母親と関東地方から来た女性の友人と一緒に県内で行動していた。母親の感染が分かったことから、女児を濃厚接触者としてPCR検査を実施していた。女児は今月8日、感染症指定医療機関に入院した。

 女児以外の女性の家族4人はいずれも陰性だった。女児は6日に久慈市内の医療機関を受診していたことから、県は医療機関のスタッフ8人のPCR検査を実施し、全員陰性だった。

 5日に感染が確認された雫石町の40代男性の濃厚接触者ら13人について、県はPCR検査を実施。全員の陰性が確認されている。