[PR]

 新型コロナウイルスの影響で中止となった土佐の夏の風物詩「よさこい祭り」。開催予定だった9~12日、「あの熱気で世界を笑顔にしたい」と、よさこいを愛する有志たちが、オンラインでよさこいを楽しむイベントを催す。

 祭り本番となるはずだった10、11日に、高知ゆかりのよさこい振付師らでつくる「よさこい8」が企画したのは、オンライン会議システム「Zoom(ズーム)」を使い、動画に合わせて歌って踊る参加型のイベント。

 JR高知駅前のこうち旅広場で8日、「よさこい8」のメンバーらが演舞を披露した。踊り子たちは、高知ゆかりのロックバンド「フラチナリズム」が制作した「HEY∞WA!」に合わせ、元気に鳴子を打ち鳴らした。振付師の一人、田村千賀さん(56)は「よさこい祭りの中止は残念。でも、オンラインで世界中の人と踊って元気になれる。ぜひ一緒に参加してほしい」と話す。

 よさこいの前夜祭と後夜祭が予…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら