【動画】北限のミンミンゼミの鳴き声=宮永敏明撮影
[PR]

 北海道に不思議な天然記念物がある。それは、屈斜路湖(北海道弟子屈町)の南岸に突き出した和琴半島。南方系のミンミンゼミの生息地の北限だ。本州では珍しくないミンミンゼミだが、寒い北海道ではあまり見られず、なぜかこの地にだけ離れ小島のように「ぽつん」と生き延びている。

 細くくびれた半島入り口に近い屈斜路神社の周辺では、うっそうとした広葉樹の上から、「ミーン、ミンミンミンミーン」という鳴き声が降りそそぐ。7月から9月上旬の暑い日にだけ、見られる光景だ。

 ミンミンゼミは、かつて日本列島がもっと温暖だったころは北海道全域にいたが、その後の寒冷化で生息域が南下した。ただ、和琴半島は火山島で、噴火口や温泉湧出口などがあり、地熱が高かったため、この周辺の一群だけが逃げ遅れたという。

 いまの北海道では、南部の渡島…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら