[PR]

 中東レバノンの首都ベイルートで8日、死者158人、負傷者6千人を超える甚大な被害が出た大爆発をめぐり、政府の無策に怒った数千人規模の反政府デモがあった。外務省など複数の政府機関を占拠し、政治体制の変革を要求。治安部隊との衝突で死傷者が出る騒乱状態に陥っている。

 地元メディアによると、デモは「報復の土曜」と名付けてSNSを通じて呼びかけられ、同日夕方、爆発現場から南西に約1・5キロ離れた国会近くで始まった。同じ場所で2日前にあったデモをはるかに上回る数千人が集まった。

 国会や政府機関の建物に侵入しようとするデモ隊と、それを遮ろうとする治安部隊とが衝突。デモ隊の投石や放火に対し、治安部隊がゴム弾や催涙弾を浴びせた。ロイター通信によると、警察は実弾も発砲。衝突により、警察官1人の死亡が確認され、参加者200人以上が負傷したという。

 地元メディアは、デモの様子をインターネットで中継し、暴徒化した一部の参加者が外務省の扉やフェンスを壊し、敷地内に侵入する様子を伝えた。主導したのは退役軍人たちが率いるグループで、外務省を占拠し「革命の本拠地にする」と宣言したという。他に経済省、エネルギー省、環境省の建物にも押し入った。

 経済危機や汚職の蔓延(まんえ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら