【動画】小笠原に沈む民間輸送船の潜水調査=恵原弘太郎、諫山卓弥撮影
[PR]

 小笠原諸島・父島(東京都小笠原村)付近の海には、太平洋戦争中、米軍の攻撃に遭った民間の輸送船が数多く沈んでいる。手つかずのまま朽ちていく沈没船の名前を特定しようと、地元のダイバーらが潜水調査を進めている。

輸送船の中継地、米軍の標的に

 かつて小笠原が「無人(ぶにん)島」と呼ばれたことから「ボニン・ブルー」と称される群青色の海がどこまでも続く。父島の隣に浮かぶ無人島、兄島。滝之浦湾にダイバーが飛び込んでいく。

 深くなるにつれて青が濃くなる海の底に、少し傾いた船体が横たわっていた。背丈よりはるかに長い、竜骨とみられる構造材が飛び出し、船倉には弾薬や砲弾らしい残骸が残る。

 戦争中、父島は本土と南洋諸島を結ぶ輸送船の中継地として重要な役割を果たしていた。1944年6月以降、米軍の爆撃をたびたび受け、輸送船も多数が沈められたとされる。

バラ沈、横沈…このままでは残骸に

 97年からダイビングショップを営む笠井信利さん(64)は「小笠原の海域には少なくとも100隻は沈んでいる」と話す。30年余り潜ってきて、把握できただけで、父島や兄島の湾内に軍の船も含め17隻が沈んでいた。

 バラバラな状態で海底に残るこ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら