[PR]

 小笠原諸島(東京都小笠原村)近くの海には、戦時中に米軍の攻撃で沈められた船が残る。多くは軍に徴用された民間船で、船員たちも動員された。しかし、詳細がわかっていない徴用船も多い。

船乗りにあこがれた兄

 三重県度会町に住む井戸本たかさん(96)も、75年以上前に小笠原で「戦死」したとされる兄の最期がいまもわからないままだ。

 井戸本さんによると、兄の瀬尾勇さんは「世界一周をしたい」と船乗りにあこがれ、商船学校に進んだ。毎朝5時に起きて自転車で通う兄の足に、ゲートル(防護具)を巻いてあげるのが彼女の役割だった。

 寄宿生活が始まると、生活費を届けた。「女の私がいくと嫌がるから、事務所に顔を出して、すぐ帰ってしまった」と懐かしむ。

 卒業後は民間の船舶会社に入ったはずの兄。横浜のドックに会いに行ったことがある程度で、ほとんど話す機会はなかった。「立派になって船長になりたかったんだと思います」

突然の知らせ

 海外で船乗りをしているとばかり思っていた。1944年夏、小笠原で輸送船に乗っていた兄が「戦死」したと、親から聞いた。父島方面で米軍の攻撃を受けたという。兄は24歳だった。何という船だったのか、どうして乗ることになったのか。何もわからない。

 親族に残されたものは、いかに…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら