[PR]

 同居する女性の遺体を自宅に遺棄して一部を焼いたとして、富山県警は9日、同県高岡市野村、無職木村良大(よしひろ)容疑者(22)を死体損壊と死体遺棄の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

 高岡署によると、木村容疑者は4~8日ころ、自宅マンションの室内で、交際相手の無職小林志織さん(20)の遺体を放置し、その一部を焼いた疑いがある。同署は司法解剖して死因などを調べる。

 8日に木村容疑者の知人が同署に相談。署員がマンションを訪れ、木村容疑者と室内を確認して遺体を発見した。木村容疑者と小林さんは2人暮らしだったという。