[PR]

(9日、三重独自大会決勝 いなべ総合5-4四日市工)

 いなべ総合が、一進一退の攻防をサヨナラで制した。初回に先制されたが、直後に逆転。だが六回にまた逆転された。1点を追う九回、2死一、三塁から3番村木、4番田所が連続適時打を放ち、またもや逆転。夏の公式戦での優勝は4年ぶりとなった。

 主将の田所は九回、「手のマメを見ろ。これだけ振ってきたんだから自信を持て」と、打席に向かう仲間たちを励ました。自身が最後を締め、「本当につないでくれた」と感謝した。