[PR]

 プロ野球を統括する日本野球機構(NPB)が9日、2軍の試合を担当する20代の審判員1人が新型コロナウイルスのPCR検査で8日に陽性と判定されたと発表した。2軍戦は3人で一つのクルーを構成しており、井原敦事務局長は「クルーごと変更するので、試合日程に影響はないと思う」と説明した。

 当該の審判員は1日の試合に出場、同じ日に知人が濃厚接触者に指定されたため、2日から自宅待機となった。翌日に知人の陽性が判明し、本人にもその後、微熱などの症状が出たため7日にPCR検査を受けた。濃厚接触者については保健所が調査中だが、同じクルーの2人の審判員はPCR検査を受け、陰性と判定されたという。