[PR]

 愛知県警は9日、中署の警察官2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。東海地方最大の繁華街「錦三」などを警戒する栄地区対策隊に所属し、同隊ですでに感染が判明している同僚の濃厚接触者だという。これで同隊所属の感染者は計4人となり、中署関連で自宅待機となっているのは33人いるという。

 県警警務課によると、2人はいずれも30代男性で、6日にPCR検査し、8日に陽性と判明した。1人は嗅覚(きゅうかく)や味覚の障害、もう1人は鼻水などの症状があるという。