[PR]

 長崎に原爆が投下されてから75年となった9日、県内でも犠牲者を悼み、非核を誓う慰霊祭があった。伊万里市脇田町の伊万里商業高(伊万里実業高商業キャンパス)では、学徒動員先の長崎で被爆し、亡くなった旧伊万里商業学校の生徒13人の慰霊祭が同窓会敷地内の碑の前であった。

 新型コロナウイルスの影響で犠牲者の同級生や遺族の出席は見合わせ、学校の管理職や同窓会関係者ら9人による式になった。

 午前11時2分、ラジオ放送の鐘の音に合わせて黙禱(もくとう)。深町俊善校長(56)が「志半ばで命を奪われた犠牲者の皆さまの無念を忘れることなく、平和を希求する姿勢を貫きます」と追悼の言葉を述べた。

 前生徒会長の3年生、筒井智士…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【10/13まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら